院長紹介

  • HOME>
  • 院長紹介

院長紹介

院長紹介

院長

小泉 宏太(こいずみ こうた)

ご挨拶

こいずみクリニック 整形外科リハビリテーション科のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。院長の小泉宏太(こいずみ こうた)です。

 

当院は、2022年7月に新森古市駅から徒歩3分という通院に便利な場所で開院いたしました。

当院のモットーは“患者さまに寄り添った医療”です。

 

これまで整形外科医として15年間、肩関節を中心に1,000件以上の手術を行って参りました。手術を中心とした整形外科医として勤務してきて、大変やりがいがありましたが、手術のあとのリハビリの大切さも身に染みて感じました。

 

特に肩の痛みに対しては、四十肩や五十肩だと自己判断して放置されていたり、病院を受診しても正しい診断がつけられず、ダラダラ漫然と治療を受けている方も多いです。これまでの治療経験からエコーやMRIを用いた正確な診断、それに対する治療法のご提案が可能です。(実際に四十肩や五十肩の方も早期に治療を開始することで、劇的に回復することが可能です。)

 

肩だけでなく、これまで多くの中核病院での勤務経験から、広く様々な疾患の専門的な診断や治療法も学んで参りました。しびれや痛みなどでお困りの方は、ぜひ当院を受診ください。薬だけでなく、物理療法やリハビリテーションなど多角的に回復を目指してアプローチいたします。

 

“ただ長生き” ではなく “健康に長生き”を!

 

近年、健康寿命(健康上の理由で日常生活に制限を受けることなく生活できる期間)が注目されています。健康を損なう原因のトップは運動器疾患、すなわち整形外科の病気で、なんと全体の1/4です。

 

高齢者の方々の骨折は多くが予防可能でありながら、なかなか注意が向けられていないのが現状です。転倒して骨折すると、手術を要したり、日常生活レベルが一気に低下する要因となります。当院では、骨粗しょう症学会推奨の最新の骨密度計測器と治療方法で骨粗しょう症治療を行っております。転倒しないための基礎体力づくりのサポートや、骨折しにくい強い骨を取り戻す治療を行っております。

 

しかし、最新の医療が必ずしも患者さまにとって最適となるとは考えておりません。それぞれの方の生活状況(仕事・家庭・住居環境や経済的問題など)を考慮したうえで、無理なく継続できるような(サステナブルな)治療プランを提案し、患者さまが理解・納得される医療を提供いたします。一方的な治療の押し付けではなく、回復に向けて同じ方向を目指し、寄り添いながらみなさまの治療のサポートを行います。

 

基本的にニコニコ笑っていますし、できるだけ患者さまにわかりやすいよう丁寧に説明することを心掛けております。また優しいスタッフばかりです。

ぜひ、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

略歴

1981年5月 大阪府生まれ

(学歴)

大阪府立四条畷高等学校卒業

奈良県立医科大学卒業

大阪大学器官制御外科学大学院卒業

(職歴)

大阪警察病院

関西労災病院

市立豊中病院

JCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)

大阪大学医学部附属病院

資格・所属学会等

医学博士

アメリカンフットボールXリーグ パナソニックインパルス チームドクター

日本整形外科学会

日本肩関節学会

日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

日本リハビリテーション医学会

 

座右の銘

和を以て尊しとなす

君子和需不同、小人同需不和